レディ

お店の改善点を認識できる|覆面調査のメリットを伝授

継続的なサービス調査

虫眼鏡

ベーシックなプランも

覆面調査を利用する法人が増えています。サービス業を展開する法人が最も気になるのが顧客からの評価でしょう。小規模店舗なら経営者の目も届きますが、規模が大きくなるほどに現場である店舗から距離ができてしまうため、チェックするのが困難になります。そんな時に利用されているのが覆面調査です。覆面調査で最も利用されているのが基本となるベーシックプランです。調査会社によって異なりますが、基本的に1人のモニターや調査担当者が派遣され、1時間ほど店内を見て回ったり、商品やサービスなどを利用するなど50前後の項目をチェックしていきます。ベーシック調査の特徴はシンプルさにあります。利用料金も安価であることから頻繁に調査できるため、全国規模でチェーン展開するファミレスやコンビニといった小売サービスを行う法人に向いています。1件あたり8000円からが多くなっており、調査項目数や調査時間などに応じて調査費用が違ってきます。気になるのは調査担当者ではないでしょうか。調査会社は、全国各地にモニターと呼ばれる調査員を登録しており、必要に応じて営業店舗に派遣して対応します。調査コストの安価なものだと公募モニターが調査担当することもあります。ネットから募集した一般人の覆面調査員を店舗に派遣してチェックするため、スタッフからも調査員とバレれることもありません。しかし経験が浅い調査員の場合だとスムーズな調査でない場合もありますので、覆面調査を依頼する際には公募モニターなのか、調査担当者のモニター実績などのチェックすれば、継続的な調査に役立ちます。